塩ビ管加熱装置 まがーるDANT 塩ビ管加熱装置

誰でも簡単塩ビ管加工
技術者の経験に頼らない革命的マシン

水道管や電線管、土木管などに使用され、我々の生活になくてはならない塩ビ管。その塩ビ管加工の製造工程において、より高い安全性と、正確性を実現するために開発されたのが、「塩ビ管加熱装置/まがーるDANT」です。

塩ビ管

長年の経験を積んだ技術者の腕が必要だった塩ビ管加工ですが、近年では外国の方をはじめとする、様々な労働力との共存が必要不可欠となりました。作業者の経験を問わず、質の高い製品を製造できる機械を提供したい。そんな思いから誕生した「塩ビ管加熱装置/まがーるDANT」は、変色や傷等のトラブルなく、簡単な塩ビ管加工を実現する製品です。

まがーるDANT プロモーションムービー

従来の加工法との比較 Comparison with the past

従来の方法
  • STEP 1

    ガスバーナーで加熱

    曲げる箇所を選定し、ガスバーナーでピンポイントに加熱。熱による変色などの影響が出ることも。

  • STEP 2

    状況確認

    加工に適切な温度になっているか確認しながら作業を行う。技術者の経験が必要不可欠。

  • STEP 3

    曲げ加工

    ガスバーナーでの加熱により高温になっている箇所を触ると、作業者のヤケドにつながる恐れも。

まがーるDANT
  • STEP 1

    機械に塩ビ管を投入

    塩ビ管を機械にセット。制御盤で適切な温度に設定するだけで、難しい操作は一切ありません。

  • STEP 2

    一定時間稼働

    機械の稼働中は、指定の温度を一定に保ちます。作業者が席を外しても問題ありません。

  • STEP 3

    曲げ加工

    遠赤外線の効果で、内部まで熱が浸透。広い範囲に熱を当てられるため、加工しやすい状態になっています。

採用されているサンケンの技術 Adopted technology

Graphite ceramic heater グラファイトセラミックヒーター

四方から遠赤外線を放射
塩ビ管の内部まで熱を浸透

内側を囲むように配置された黒い板状のものが、「グラファイトセラミックヒーター」。電熱線が入っていないため、断線の心配がありません。ヒーターから発生する遠赤外線が、塩ビ管の表面だけでなく内部までしっかりと熱を伝えます。表面の変色などの心配もいりません。

グラファイトセラミックヒーター

DANT 炭素繊維タイル/DANT

炭素繊維から生成した遮熱素材
DANTが使用者の安全を確保

機械の外側に敷き詰められている「炭素繊維タイル/DANT」は、遮熱性能と吸音効果に優れ、軽量で扱いやすいため、様々な場所で利用されています。
グラファイトセラミックヒーターが発した熱を逃がさず、効率の良い熱伝導を促すとともに、内部の熱を遮断することで、安心して作業を行うことができます。

炭素繊維タイル/DANT

CONTACTお問合せ

〒463-0003 愛知県名古屋市守山区下志段味穴ケ洞2266-22クリエイション・コア名古屋204号室